最先端の医療機器と技術で先進のレーシックやICLを提供する広島のすぎもと眼科

医療法人すぎもと眼科

ご予約・お問い合わせは

082-849-6699

広島県広島市安佐南区伴南1-5-18-8-201

クリニック案内

円錐角膜とは?

円錐角膜は角膜実質のコラーゲンに異常があり、角膜強度が弱いため、角膜が前方へ円錐状に突出化する進行性の病気です。
主に10代から20代前半に発症し、何年もかけて進行するのが通常ですが、数か月の間に進行する場合もあります。多くは30歳前後で進行が止まりますが、まれに40代50代になって急激に進行するケースもみられます。進行のペースには個人差がありますが、若くして発症した人ほど、進行が早い傾向にあります。

円錐角膜
   正常な角膜          円錐角膜

症状

角膜の歪みのことを乱視といいます。進行すると乱視がひどくなっていきます。円錐角膜は初期の段階では診断がつきにくく、ただの乱視と診断されて、コンタクトレンズが処方されていることがよくあります。中期には矯正できない角膜の不正乱視が大きくなるため、メガネ・コンタクトレンズでの矯正視力が低下してきます。末期になるとコンタクトレンズ装用時の痛みが強くなり、装用できなくなります。また角膜水腫をおこすと、角膜が混濁し、失明に至ります。

強度の近視や乱視を伴うことが多いのも特徴ですが、レーシック等のレーザー手術で角膜を削って屈折を矯正すると、角膜の強度が低下して円錐角膜の進行を増長させてしまうために、レーザーによる屈折矯正手術はいずれも禁忌となります。

円錐角膜の診断

診療時間

  • 9:00〜13:00(月〜土)
  • 15:00〜18:00(月・木)

※火曜のみ9:00〜11:00
※日曜休診
※曜日により診療時間が変わることがあります。

詳しい診療案内はこちら

カレンダー

安心Lasik Natworkロゴ
すぎもと眼科は先進医療認定機関
ICLロゴ 院長ブログ

Page Up