最先端の医療機器と技術で先進のレーシックやICLを提供する広島のすぎもと眼科

医療法人すぎもと眼科

ご予約・お問い合わせは

082-849-6699

広島県広島市安佐南区伴南1-5-18-8-201

クリニック案内

レーザーを照射する〜VISX Star S4 IR

角膜にレーザーを照射する〜VISX Star S4 IRエキシマレーザーは生体組織に火傷をほとんど起こさず、正確に切開・切除できる特殊な高エネルギーのレーザーです。レーシックやPRKではこのエキシマレーザーを照射して角膜を削ります。iDesign Advanced WaveScan Studioでの解析結果を的確に手術に反映させるため、様々な最新テクノロジーを搭載しているのがVISX Star S4 IRです。

虹彩認識システム

虹彩紋理認識システムIris RegistrationiDesignでの測定時と手術中では、姿勢や照明の明るさが異なるため、眼球の位置や瞳孔の中心、大きさが微妙に変化します。いくら精密な測定検査を行っても、レーザーの照射位置がずれてしまっては期待したクオリティは得られません。それを補正するのが虹彩紋理認識システムIris Registration (以下IR)という機能です。

IRは検査時に一人ひとり異なる虹彩の模様の特徴を読み取り、それを元に同時に瞳孔の中心位置も把握します。そして手術中にエキシマレーザーシステムが読み取った虹彩のデータと照合して、眼球の位置ずれを感知し、補正することができます。IRは最高精度のカスタムレーシックを行うのになくてはならない大切な技術です。検査時の測定中心と、レーザー照射時の照射中心を一致させるこの技術は、他社のレーザーシステムには備わっていません。

3Dアクティブトラック

手術中は目が動かないことが理想ですが、どうしてもわずかに動いてしまいます。VISX Star S4 IRの3Dアクティブトラック(位置合わせ技術)は、レーザー照射中の目の動きを立体的に補足し、3次元で追尾しながら正確にレーザーを照射します。もし目が大きく動いた場合は、レーザー照射を自動的に停止するセーフティ機能が働くので、もし目が動いてしまっても安全です。

Variable Spot Scanning (VSS)

レーザーの照射時に、照射径の大きさを角膜の矯正する位置や形状によって、0.65mm~6.5mmの間で最適に変化させる機能です。これにより、角膜の切除量を抑え、手術時間も最短にすることができます。

Variable Repetition Rate (VRR)

レーザーの照射速度を6-20Hzの間で変化させながら照射することで、角膜の温度を一定に保ち、角膜への負担を最小限に抑えます。

iDesign iLASIKのメリットとデメリット

診療時間

  • 9:00〜13:00(月〜土)
  • 15:00〜18:00(月・木)

※火曜のみ9:00〜11:00
※日曜休診
※曜日により診療時間が変わることがあります。

詳しい診療案内はこちら

カレンダー

安心Lasik Natworkロゴ
すぎもと眼科は先進医療認定機関
ICLロゴ 院長ブログ

Page Up