最先端の医療機器と技術で先進のレーシックやICLを提供する広島のすぎもと眼科

医療法人すぎもと眼科

ご予約・お問い合わせは

082-849-6699

広島県広島市安佐南区伴南1-5-18-8-201

クリニック案内

フラップをつくる〜iFS

フラップをつくる〜iFS フェムトセカンドレーザーは、数千個のレーザーパレスを並列させて角膜内に切除面を形成します。フラップの大きさや厚さなどがコンピュータ制御でき、非常に安全に理想的な形状のフラップを3次元的に作成することができます。
すぎもと眼科で使用しているIntralaseフェムトセカンドレーザーは、世界一のシェアを持つアメリカのAMO社の最新機種iFSです。

iFSで作成したフラップは、全領域において均一な厚さになり、なめらかな切断面が得られるので、フラップ作成における高次収差の増加を最小限に抑えられます。iFSはフラップの縁の角度が自由に調整できるので、マンホールの蓋のようにぴったりと戻せるフラップを作成することができます。ずれにくく強固な接着で、上皮細胞のフラップ下への迷入も最小化することができます。
また、iFSはフラップの大きさや位置、ヒンジ(蝶番)の角度を自由に設定できるので、iDesign iLASIKのレーザー照射径8mm全域が完全に露出され、より精度の高い矯正が可能になっています。

角膜にレーザーを照射する〜VISX Star S4 IR

診療時間

  • 9:00〜13:00(月〜土)
  • 15:00〜18:00(月・木)

※火曜のみ9:00〜11:00
※日曜休診
※曜日により診療時間が変わることがあります。

詳しい診療案内はこちら

カレンダー

安心Lasik Natworkロゴ
すぎもと眼科は先進医療認定機関
ICLロゴ 院長ブログ

Page Up