最先端の医療機器と技術で先進のレーシックやICLを提供する広島のすぎもと眼科

医療法人すぎもと眼科

ご予約・お問い合わせは

082-849-6699

広島県広島市安佐南区伴南1-5-18-8-201

クリニック案内

ICLの安全性

STAAR社のICLは、コラマーというHEMA(水酸化エチルメタクリレート)とコラーゲンを含んだ親水性の柔らかい素材でできています。コラマーは生体適合性が高く、目の中にいれても異物として認識されにくい、優れた素材です。特別なメンテナンスは必要もなく、目の中で長期間にわたって透明な状態を維持し、長くレンズとしての機能を果たします。

ICLの安全性

目にかかる負担が少なく日帰りで手術可能

インジェクターICLの移植にはインジェクターという専用の挿入器を使用します。インジェクターを用いてレンズを小さく折りたたんだ状態で眼内に挿入することで、3mmという小さな切開で手術が可能となり、目にかかる負担が少なく、日帰りで手術できます。

世界各国で実績あるICL

ICLロゴレーシックとは違い、移植したICLは取り出し可能で、元の状態に戻すことも可能です。

ICLは、20年以上の臨床実績があり、現在ではヨーロッパ、アメリカなど世界各国で薬事承認されています。日本でもIClの有効性と安全性が認められ、2010年に近視矯正用レンズが、2011年に乱視矯正も行えるトーリックレンズが厚生労働省の承認を受けています。

手術前後のスケジュール

診療時間

  • 9:00〜13:00(月〜土)
  • 15:00〜18:00(月・木)

※火曜のみ9:00〜11:00
※日曜休診
※曜日により診療時間が変わることがあります。

詳しい診療案内はこちら

カレンダー

安心Lasik Natworkロゴ
すぎもと眼科は先進医療認定機関
ICLロゴ 院長ブログ

Page Up