最先端の医療機器と技術で先進のレーシックやICLを提供する広島のすぎもと眼科

医療法人すぎもと眼科

ご予約・お問い合わせは

082-849-6699

広島県広島市安佐南区伴南1-5-18-8-201

クリニック案内

白内障とは?

水晶体は本来、透明で柔らかい組織ですが、水晶体が濁ってくる病気を白内障といいます。多くは加齢によりますが、アトピー性皮膚炎や外傷、ステロイドによるものや、生まれつきの白内障もあります。

水晶体が濁ると、見えにくい、かすむ、まぶしい、二重に見えるなどの症状がでます。進行すると眼鏡、コンタクトレンズを合わせても、視力が改善しなくなります。

白内障とは?

治す方法は手術しかなく、目薬やサプリメントで水晶体が透明になることはありません。手術で混濁した水晶体を摘出し、人工の眼内レンズを挿入することにより、視力が回復します。

水晶体はその厚みを変えることにより、ピントを調節する機能があります。水晶体は加齢により濁るだけなく、硬くなります。硬くなるとピントが合わなくなり、これを老眼といいます。

今までの白内障手術は濁りをとるだけの手術でした。水晶体を眼内レンズに置き換えても、調節力は失われたままで、術後は眼鏡が必要でした。これを克服し、白内障手術後に裸眼で生活できるようにすることが、次世代の白内障手術です。すぎもと眼科では、遠近両用の多焦点眼内レンズを用いることにより、ある程度、対応できるようになっています。

白内障とは?

眼内レンズの種類

診療時間

  • 9:00〜13:00(月〜土)
  • 15:00〜18:00(月・木)

※火曜のみ9:00〜11:00
※日曜休診
※曜日により診療時間が変わることがあります。

詳しい診療案内はこちら

カレンダー

安心Lasik Natworkロゴ
すぎもと眼科は先進医療認定機関
ICLロゴ 院長ブログ

Page Up